明けましておめでとうございます

2020年01月01日 07:46

初ブログは新年のご挨拶から

新年あけましておめでとうございます。

昨年11月に鍼灸漢方専門の動物病院として開業しました。

「鍼灸?漢方??え?動物に?!」
と言われること、とっても多いです…

でも、実際鍼灸してる我が子の様子を見て、
体の変化を見て、
「実はうちの子見て、私も鍼灸行き始めました!!」と
言ってくださる飼い主さま、結構いらっしゃいます。
嬉しい!内心ガッツポーズです笑

でもほとんどの方は
「鍼灸漢方っていつやるのかよく分からない」
ですよね?

答えはいつでも、誰でも、今からでも!!なんです^_^

私は専門学校でハタチそこそこの若いみなさんに東洋医学を教えているんですが、毎年最初の授業の時に必ずしている質問があります。
「今、私はなんのトラブルもなし!健康です!って人、手をあげて〜」

すると、「私は生理痛がひどくて。。。」「頭痛持ちで」「昔からお腹が弱いんです」「ストレスが!!」
と出るわ出るわ。。。不調の数々。
健康だって手をあげてくれるのは、毎年クラスの1割しかいません。
人間のハタチをわんにゃんでいうとわずか1才です!
そう考えるとまだ1才でも、不調を抱えてるわんにゃんは案外多いと思うんです。

東洋医学には「未病」という概念があります。
病気未満の状態のこと。
病院で検査をして異常が見つかる手前の状態のことを指します。この未病に効果的なのが鍼灸漢方の力なんです。未病を日々ケアしていくことで、大きな病気にならずに穏やかに歳を重ねることができます。

病気になってしまってからだともう遅いの?
と思われるかもしれませんが、
そんなこともありません。
病気自体をやっつけるのは現代医学の得意とする分野ですが、病気や治療に負けない体を作るのに東洋医学の力は欠かせません。

未病には東洋医学、
病気になったら現代医学に東洋医学をプラスα、
病気が治ったら養生に東洋医学!

ほら、
いつでも、誰でも、今からでも!!
なんです^_^

どうぶつのハーモニーケアOHANAのミッションは
「たくさんのどうぶつたちと飼い主さまに鍼灸漢方を通して笑顔の時間を届けること」
です。

まだまだ生まれたばかりのOHANAですが、
少しでもたくさんの方に鍼灸漢方を知っていただけるよう、また取り入れていただけるよう活動していきたいと思います。

2020年が笑顔溢れる素晴らしい一年となりますように

            獣医師 藤原千春


前のページ
記事はありません
一覧へ
次のページ
COVID-2019に漢方が有効
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)